出産内祝い

最近では「内祝いとはお祝い返しのこと」だと思っている方も多いようです。
そもそも内祝いとは、お返しではなく我家のお祝い事を親戚や友人、
親しい人と喜びを分かち合うこと。
出産内祝いでは、社会の一員となった赤ちゃんの名前をお知らせするご挨拶にもなります。
日ごろの感謝の気持ちを込めて贈るようにしましょう。

<出産内祝いのタイミングとポイント>

出産祝いをいただいた場合
・早い段階でお礼の電話をかける。
・気持ちを込めたお礼状をお出しする。
・できれば生後1ヵ月ころには内祝いの品をお返しをする。

お返しの品は、実用品を中心に選ぶといいでしょう。
・最近では、メッセージカードを添える方も増えています。

費用のめやすは、頂いた金額の3分の1から半額程度を目安にします。
・特にたくさんお祝いをいただいたときには、内祝いの品と一緒に
赤ちゃんの写真や感謝の気持ちを込めた手紙をそえると喜ばれるでしょう。

出産は、何度あっても嬉しい祝いごとなので、
のしの水引きはくりかえし結べる「蝶結び」のものを用います。
・紅白の蝶結びで表書きは「内祝」とします。
・下段には赤ちゃんの名前を書きます。
・読み方が難しい場合には、必ず読みがなをつけます。

 

出産内祝いには名入れもできる、抱っこしたくなる出生体重米「抱きごこち」
抱きごこち1