結婚内祝い

最近では「内祝いとはお祝い返しのこと」だと思っている方も多いようです。
そもそも内祝いとは、お返しではなく我家のお祝い事を親戚や友人、
親しい人と喜びを分かち合うこと。
日ごろの感謝の気持ちを込めて贈るようにしましょう。

結婚祝いをいただいた場合
・披露宴に招き、引出物を渡すことがお返しとなります。
・もしご招待できなかった方からお祝いを頂いた場合には品物でのお返必要です。
・遅くとも結婚式の1か月後くらいまでには贈るようにしましょう。

お返しの品は、実用品を中心に選びます。
・贈る相手や家族構成なども考えながら、お祝い金や品物を頂いたタイミングに応 じて、お返しを考えなくてはなりません。 相手の方に自由に選んでいただけるカタログギフトを贈る方も増えています。
・友人などにはこだわりの品、ご年配の方には祝儀用品と贈る相手によってかえてみてもよいでしょう。

費用のめやすは、頂いた金額の3分の1から半額程度を目安にします。

祝電を頂いた場合
・祝電のお返しは必要ありませんが、結婚の報告と挨拶を兼ねてお礼状は必ず出しましょう。

のしの水引きは、一度結んだらほどけない「結び切り」のものを使います。
・白赤または金銀 の結び切りで表書きは「内祝」「寿」などとします。
・下段に本人たち2人の名を書きます。

 

手作り披露宴でのクライマックス!
両親へ新郎新婦の出生体重米「寿抱きごこち」贈呈で激感動
寿抱きごこち3