妊娠中の食生活【マメ知識】

マタニティー期にはしっかり栄養補給

photo

元気な赤ちゃんを産むために、規則正しい生活と、栄養バランスを考えた食生活はとても大事ですね。
赤ちゃんにとって大切な母乳がたくさん出るようにしっかり栄養をとっておきましょう

1.おなかの赤ちゃんは、ママの体から必要な栄養を吸収して成長していきます。ママと赤ちゃんにとって必要な栄養が不足したり、偏ったりしない食べ方が重要。これまでの食生活を見直してみて。少しずつ多種類の食材を食べられる献立にすると、自然に栄養バランスがとれます。
2.妊娠中は貧血の症状が出やすくなります。ママの貧血は赤ちゃんの発育にも影響しかねません。妊婦さんは、血液の原料となる鉄分がふだんの3倍も必要になります。鉄分と、その吸収率をよくするビタミンCを含む緑黄色野菜を多く摂るように心がけましょう。

3.妊娠すると子宮が大きくなって腸が圧迫されたり、ホルモンの影響で便秘になりがち。便秘の予防、解消に効果がある食物繊維の豊富な葉もの野菜や根菜、海藻類などをたっぷりとりましょう。腸内で食物繊維をふくらませるために水分摂取も大事。ただし、水分のとりすぎはむくみの原因に。適度な油脂類も便通をよくします。

4.食事だけで補うのはなかなか大変!という方はサプリメントがお役にたちます。葉酸やカルシウム、鉄、ビタミンなどの栄養素が手軽に摂取できます。

•カルシウムを含む食品
牛乳 ・チーズ・プレーンヨーグルト
ししゃも・じゃこ
ひじき ・わかめ・昆布
小松菜 ・切り干し大根・モロヘイヤ
豆腐 ・ごま・大豆

•鉄分を含む食品
鶏、牛、豚のレバー・牛赤身肉
まぐろ・いわし・煮干し・かつお・さんま・あさり
小松菜・ほうれん草
ひじき

•食物繊維を含む食品
ごぼう・さつまいも・ブロッコリー・切り干し大根・きのこ類・モロヘイヤ・かぼちゃ・大豆
こんにゃく ・海藻類
玄米

★控えめに・・

コーヒーは薄めのものを1日に2~3杯まで 。紅茶や緑茶にもカフェインが含まれているので、飲みすぎないように注意して。cafe
炭酸飲料には糖分が多く含まれているものが多いので飲みすぎない程度に。

スナック菓子には脂質や塩分が多く含まれています。塩分のとりすぎは、むくみや高血圧の原因になるので要注意。

甘いものには糖分が多く含まれています。また、バターやクリームを使った洋菓子には脂質もたっぷり。どちらも食べすぎると肥満の原因に。出産後に体重が戻らず大変なことに・・・

おなかの中の赤ちゃんのために、心も体も健康でいたいものですね

出産内祝いには名入れもできる、抱っこしたくなる出生体重米「抱きごこち」
抱きごこち2